グローバル時代が生み出した新通貨ビットコイン


ビットコインという言葉はご存知でしょうか?
知っているけれど、具体的にはどういうものなのか分からないという方も多いと思います。
それも仕方ありません。
ビットコインが誕生したのは最近で、まだまだ普及段階にあるからです。


■国や企業が関係しない仮想通貨ビットコイン


仮想通貨とは紙幣や硬貨が存在しないお金のことで、世間的には電子マネーともいわれています。
しかし、電子マネービットコインは違います。
電子マネーは日本円をポイントと呼ばれる仮想通貨に交換したり、チャージをしたりして使います。
つまり、日本円との交換もしくはチャージが前提になっているのです。
そのため、使える場所も日本国内やポイントが使用出来るサイト限定となってます。
一方の、ビットコインは最初から硬貨や紙幣が存在しないお金として生み出されました。
国や企業が関わることなく、中央銀行も存在しません。
国家をまたいだ取引ではどうしても為替やレートなどに左右されてしまいます。
しかし、ビットコインはそれらとは関係なく、格安の手数料で容易に個人間でも取引をすることが可能なのです。
しかも、送金は匿名でも出来ます。


ビットコインの始まりと安全性


最近、脚光を浴びたビットコインですが、始まりは2008年にまでさかのぼります。
中本哲史という人がインターネット上に発表した論文が元になって、2009年に運用が開始されました。
安全性についても様々な仕組みがあり、多くの人に認められています。
高い安全性もあり、安く買って高く売るという利ざやで稼ぐことが出来るため、投資商品としても注目を浴びています。
現在も普及段階であり、今後ますます値上がりが期待されています。
売買をして利益を上げることを目指すことも出来ますが、今後も値上がりすると見込まれているため、今のうちに長期保有前提で購入し、生活が苦しくなった時に売って、利益を得ることも可能でしょう。


■まとめ


インターネットにより、個人レベルでもグローバル化が進み、家にいながらにして外国と取引をする人は増えています。
格安で、早く送金が出来るビットコインはまさにうってつけの仮想通貨と言えます。
普及は国によってまちまちですが、今後、ますます普及していくと見込まれているため、将来性の高さも魅力的です。"

「ビットコイン」とは何か?

 

最近、ビットコインという言葉をよく耳にするようになりましたが、ビットコインとは、いわゆる「仮想通貨」のことを言います。

ビットコインは、円やドルのように、お金のことを指し、単位はBTCと表記されます。

お金のことと言っても、目に見えてわかるお金とは違い、「仮想」の「通貨」なのです。

ビットコインが存在しているのは、経済活動を円滑に進めるために作られたお金だと言われています。
そして、世界中で日常生活のように使うことができるお金としても言われています。
普通のお金のように存在はしないので、どうやって使うのか気になる人も多いと思いますが、パソコンやスマホでお買い物をするときにビットコインを使うことによって、目に見えて存在しているお金を使うことなく物を買うことができると言った仕組みです。

まだまだ発展途上であるビットコインですが、直接のお金のやり取りをするよりも利便性が高いとされており、世界中でも利用することができるので、これから次世代の通貨として発展していくのではないかと言われています。

ビットコインを使って裕福に生活をしている人たちもたくさんいると言われており、海外移住している人も少なくはありません。

話題の仮想通貨(ビットコイン)セミナーとは

f:id:raomi:20170614145211j:plain


ビットコインが世間に認知されたのは数年前に発生した日本での取引所のニュースではないでしょうか。その時は取引所に預けていたビットコインが紛失したとう事件だったため、なんだか怖いというイメージが先行している仮想通貨がビットコインですが、そのシステム自体は強固なものなのなので、個人でしっかりと管理している限りは安全な資産となります。普通の通貨との違いは、何と言っても実態が無いということです。お金でも宝石でも価値があるものは大抵はその価値に伴う硬貨であったり紙幣であったり、貴重な石に対しての値段が付いているのですが、ビットコインに関しては手で触れられるような現物はありません。従って、当初はほとんど値段が付かない状態で始まったシステムですが、その洗練されたコンセプトがアメリカや中国などを中心に受け入れられたこともあって、今日では一般の店舗でも理用できるほどに認知度が広がってきました。この世間で認知度が広がることによって、ビットコインに対して価値を見出す企業や個人が増えてきたことで、通貨としての価値が爆発的に上がっています。そして、ビットコインは実態がないため、利用する時にはスマートフォン等を使用して支払いを行うことになるのです。

【普通の通貨とは違うビットコイン

f:id:raomi:20171013110120j:plain

通常の通貨とは違い、ビットコインはどこかの国に属しているわけではなく、また管理している団体もありません。従って、外国にお金を送金する時にかかる手数料や時間も必要ありません。この点が自国通貨に不安がある国で広く受け入れられたのではないかと言われています。世界中にメールの様に短時間で送ることが出来るうえに手数料がほとんど必要ないという通貨は他にはありませんので、それだけでも通貨革命と言えるのです。日本でも利用できる店舗が増えてきたことと、ビットコイン自体の安全性が再認識されたことで、利用者が増えていますが、世界的にもここ数年で爆発的に利用者が増えました。それに伴い、1ビットコイン当たりの価値もうなぎ登りに上昇してきている状態が続いていますが、これもこの通貨の発行枚数が初めから決まっている事が影響しているのです。通貨枚数の上限が決まっていますが、利用者が増えているため、言わば金と同じように希少価値を持ち始めたのです。しかも、これまでの歴史の中で仮想通貨が存在しないため、適正価格というものが存在しないため、どこまで価値が上昇するかは誰にも分からないため、まだまだ上がり続ける可能性があるため、今からでもビットコインの購入は遅くはないのではないでしょうか。

 

ビットコインの知識を培う仮想通貨セミナー】

そんな魅力的なビットコインですが、運用するにあたって不安を抱く方も少なくないと思います。そんな方におすすめなのが仮想通貨(ビットコイン)セミナーです。ビットコインの情報を得るには本も良いですが、本だとどうしても情報がワンテンポ遅れてしまいます。仮想通貨(ビットコイン)セミナーならば最新の情報を取り入れることができ、また場合によっては講師に直接質問することもできるので、ビットコインに対する疑問点や不安の解決に役立ちます。

http://bitclubfun.com/seminar

 

【日本最大の仮想通貨取引所 ビットフライヤー】

仮想通貨を扱ううえで気になるのが「どの取引所を使うのか」ということです。
取扱いコインで選ぶ、手数料で選ぶ、サポート体制で選ぶなどさまざまな選び方がありますが、どこにすればいいかわからないという初心者の方にはビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめです。

ビットフライヤーは日本最大の仮想通貨取引所です。
SMBCみずほフィナンシャルグループといった名だたる大手企業から出資をうけていることから安定した経営が期待できます。
最近では、なんと地上波のCMも流し始めました。ビットコイン自体の普及にも一役買っているといえるかもしれません。

ビットフライヤーではビットコインのほか、ライトコインイーサリアムといった主要な仮想通貨も取り扱っています。